お金を借りることについて

お金を用立てなければならなくなった場合、私は家族といえども基本的にはお金の貸し借りをしない方が良いと考えています。お金の貸し借りは、お金を借りるとの人間関係を悪くすると思うのです。

手近な友人や知人にお金を借りに来る人は、それぞれの都合もあると思いますが、お金を借りることへの罪悪感が薄く、返すつもりといいながら往々にして返さない。

お金を貸す方も、困っているのはかわいそうと思い、善意でお金を貸してつもりでも、借りる本人のことを考えているようにみえて、貸している自分自身が借りた人より立派に感じる「優越感」を感じられるので、気前よくお金を貸しているのだと思います。

お金の貸し借りは、内面的には、良くない感情が渦巻くあまり良くない人間関係に思えるのです。自分の父親も、数人の友人・知人にお金を気前よく貸しているのですが、「アイツは困ると俺のところに金を借りに来る、まだこの前の金も返していないのにまったく困ったもんだ、おれもそんなに余裕はないのに・・・」とそのことを自慢するように話しています。

本当に困ったものだと思っているのなら、その人を追い返せばいいし、何とかほかの方法でお金を工面するように諭したら方が、よっぽどよいと思うのですが、気前よく貸しています。

こんな父親を見ていると、父親本人の「優越感」や「見栄」の感情を満足させる為に、お金を貸しているのではないかっと思えてしますのです。

ですので、自分は、家族であろうともお金の貸し借りは、しない方が良いし、したくもありません。

車や贅沢品などは、自分の身の丈に合ったもので収入に応じて買えばよいし、家などは賃貸でも構わないし、株などの投資はお金がない人はやるべきではないと考えいますし、子どもがいる場合、学費などにお金がかかるともいますが、事前に積み立てておくことや、学資保険を活用すれば乗り切れるのではないでしょうか、収入に対する出費するもののバランスを考え、必要のないものには出費しないでおく。

モノやお金に縛られずシンプルに生きてゆけば、お金を借りてまでしなければいけないことが世の中には早々ないと考えています。